美容治療きれいな肌を目指す【そばかすの原因は遺伝の事が多い】

再発を防ぐケア

女性

肌を保護することが大事

そばかすとは色素斑の一種で、多くの場合は顔に点々と生じます。数が多い上に、顔にできるため目立ちやすく、そばかすがあることを悩んでいる人は少なくありません。しかし美容外科や美容皮膚科で治療を受ければ、薄くすることが可能です。具体的には、レーザー治療やフォトフェイシャルといった、光を使った治療です。そばかすの原因は、メラニン色素が肌の一部で極端に多く作られてしまうことですが、レーザー治療やフォトフェイシャルでは、このメラニン色素を強く熱することができるのです。するとそばかすは、焦げてかさぶたに似た状態になります。1週間ほどでこのかさぶたは、メラニン色素と一緒に剥がれ落ちます。メラニン色素が減るわけですから、これによりそばかすは薄くなるわけです。ただしいずれの治療でも、術後に十分にケアしなければ、そばかすが再発することがあります。というのも、そばかすのそもそもの原因は、メラニン色素が作られやすいという体質にあるからです。いくら治療でメラニン色素を減らしても、新しく作られたのでは元の木阿弥となります。そのため治療後は、メラニン色素の生成を防ぐ美白ケアが必要不可欠です。特に効果的とされているケアは、ハイドロキノンなどの美白成分で作られた軟膏を塗ることです。また、メラニン色素は肌が刺激を受けると作られるため、肌を保護することも効果的と言えます。特に紫外線や乾燥、そして摩擦による物理的な刺激からは、肌をしっかりと守りましょう。ケアが充実していればそばかすの再発は防げ、治療効果が長続きしやすくなります。

Copyright© 2018 美容治療きれいな肌を目指す【そばかすの原因は遺伝の事が多い】 All Rights Reserved.